BLOG
スタッフブログ

“夏にも強いFLEXの住宅”のポイントを、間取りマイスターが解説

「日射遮蔽効果と断熱効果の高い複層ガラス、さらに特殊な遮熱シートをすべての外壁・屋根に施工する遮熱工法を標準採用。だから暑い夏でも快適に過ごせます」

こんにちは! FLEXの広報担当です。
すっかり夏の暑さが押し寄せてきている今日このごろですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

夏のあいだの悩みといえば、やはり家の中での暑さ。電力供給量が限られ、冷房の使用に制限がかかる可能性があるなどの話も上がっています。
協力が不可欠な中であっても、できるだけ快適に過ごしたいですよね。

そんな中、FLEXの住宅であればどういう対策ができるのでしょうか。間取りマイスターの兒玉(こだま)に質問してみました。


◆吹き抜けや芝生、ブラインドなどの暑さ対策も

―FLEXの住宅では、どんな暑さ対策をしているんでしょうか? ふつうに考えると、ブラインドやシェード(庇/ひさし)を取り付ける……などでしょうか?

それに加えて、以前お話しした吹き抜けも、天井にファンをつければ空気の循環が生まれるので、暑さ対策の一つと考えていいですね。芝生(人工芝)も、日照を緩和してくれるのでいいと思います。

ただ、庇などを取り付ける場合は、伸ばすことが可能な長さ(幅)も限られます。お隣との距離も考えないといけないですね。敷地に侵入してしまうような長さのものはつけられません。
だから間取りを考えるときに「ここは日差しが強いだろうな」と考えながら提案することもあります。

さすがは間取りマイスター。「暑さ対策」とひと言投げかけるだけでも、いろんな案と、同時に懸念点も出てきますね……

ちょっと脱線しますが、窓も「採光のために南側に持ってくればいい」というものでもないんです。窓を大きく取ればその分夏は暑いですし、日光が当たる量が増えると床や家具も傷みやすくなります。
FLEXではそれらも考慮して、開口部(住宅の壁や屋根などに設置された窓や、出入り口のこと)を決めていきます。

毎度びっくりしますが、間取りマイスターはそこまで考えているんですね。

もちろんです。しかしこれらのやり方で室温の上昇を防げるかと問われても、正直そこまでの効果は見込めないと言わざるを得ません。

たしかに焼け石に水という感じかも……

もちろんないよりもあるほうがずっといいですね。でもFLEXの住宅は、特別にそういう手間をかけなくてもいいようになっているんです。標準仕様の中に、工夫が取り入れてあるので!

◆ペアガラス(複層ガラス)採用で断熱効果がアップ。空調のコストダウンに

出ましたね、キッチンなどでもおなじみの「FLEXの標準仕様」! 暑さ対策としてはどんなものを採用しているんですか?

まずは窓ガラス。窓ガラスは通常、シングルガラス(単板ガラス)です。ガラスは熱を伝えやすい素材なので、夏は暑く、冬は寒いです。FLEXに限らず、最近の住宅ではあまり使われないようになってきているようですね。

FLEXの窓ガラスにはペアガラス(複層ガラス)を採用しています。
ガラスの間に中空層(空気の入った層)があるので、シングルガラスに比べて熱が伝わりにくい特徴があります。
暖房熱が窓ガラスから逃げないので、断熱効果が見込めますし、結露も発生しにくいですよ。

少しの工夫でも大きく変わるんですね。

また、Low-Eフィルムという、日射遮蔽効果と断熱効果を高めるフィルムも使用しています。
これらによって、空調設備の負担をかなり減らすことができるんです。

◆タイベック®シルバーで、夏は室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑えて室内を暖かく

もう一つは、遮熱工法です。すべての外壁・屋根に、遮熱シート「タイベック®シルバー」を採用しています。

アルミニウムには赤外線の約97%を反射し、熱の放射を抑える特徴があるんです。コンクリートは7%しか反射せず、木材でも20%の反射にとどまります。比較するとかなり違うのがわかると思います。

そしてタイベック®シルバーは、このアルミニウムの反射の特徴を活用しています。

詳しく説明すると難しいので、簡単に言うと、アルミニウムの劣化を防ぐ加工を施して、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない、強靭な建材になったのが、タイベック®シルバーです。

アルミニウムのみよりも反射率は落ちますが、それでも外からの赤外線の約85%を反射するので、室外の熱を反射して室内に入れず、室内からは暖房の熱を逃さない力がかなり高いんです。

だから夏は室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑えて室内を暖かく保てるんです。

当然ながら夏と冬では数字が逆転してますね。どちらにしろ一年中快適に過ごせると。

だから「特別なにか対策を準備しなくては!」と必要以上に焦らなくても良いと思います。
もちろん気になる方はブラインドなどをつけると、より良いと思いますよ。先ほども言いましたが、間取りも考慮して提案していますしね。

―FLEXの標準仕様で、暑さだけではなく寒さ対策も十分こと足りるということがわかりました。しかも標準仕様なので、コストもかなり抑えてあるんですよね……

そこを頑張るのが、私たちの仕事です。気になる方はぜひお問い合わせくださいね!

▶FLEXの“標準仕様”がわかる記事はこちら
“使いやすい”は“暮らしやすい”につながる! FLEX物件の工夫をご紹介します♪
家事ラク導線って、具体的にどういうこと?
FLEXのキッチンは、小回りがきいて作業もラク!
FLEXなら標準仕様!「電動シャッター」が実はスゴイ
駅チカ・庭付・駐車スペース2台!天井高2.7Mの部屋を体感してください。FLEXの標準設備ご案内します。
換気、通風が良い家の作り方とは?
梅雨対策のカギは「窓」にあり!
冬の暮らしの悩み、コレで解決!

▶FLEXへのお問い合わせフォームはこちら
https://shoei-flex.com/contact.html


▶お急ぎの方はお電話でもどうぞ!
TEL:0925641137

▶好評分譲中!FLEXタウン春日・原の特設ページ
FLEXタウン春日:https://shoei-flex.com/pj/kasuga/
FLEX原:https://shoei-flex.com/pj/hara/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。

FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。

さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/


\はじめての方にはコチラの記事が人気!/
手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ
分譲地って安心なんです!そのワケとは?
建売を買うならココを見て!~間取り編~

◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m

Instagramでも情報更新してます!

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

七隈線沿い・野芥駅近くに、新しい分譲地「FLEXタウン野芥」ができます!

七隈線沿い・野芥駅近くに、新しい分譲地「FLEXタウン野芥」ができます!

無人モデルハウスでゆっくり見学!FLEXタウン春日6号地オープン!

無人モデルハウスでゆっくり見学!FLEXタウン春日6号地オープン!

分譲地という“コミュニティ”に住むメリットとは?

分譲地という“コミュニティ”に住むメリットとは?

「お客さまと接するときに心がけていることは?」間取りマイスターに改めて質問してみました!

「お客さまと接するときに心がけていることは?」間取りマイスターに改めて質問してみました!

このページの上部へ