BLOG
スタッフブログ

福岡県産天然木を使用した“未来の森を育てる”リノベーション

「“福岡県”や“天然木”に価値を見出す方が、ご相談に多くいらっしゃっています」

こんにちは! FLEXの広報担当です。
先日から紹介しているリノベーションブランド「DOOP(ドゥープ)」。
今回は薬院駅から徒歩5分ほど、路地に一歩入ったところにあるカフェのようにおしゃれなDOOP事務所にて、長尾部長に話を聞いてみました。

 

◆門を叩くのは、“福岡県産の天然木”を愛する人たち

 

 

――まず、DOOPではどんなことをやっているのかお聞かせください。

長尾部長(以下長尾):
福岡県産の耳納杉などの天然木を使用したリノベーションです。
FLEXは新築ブランドで、DOOPはリノベーションブランドと、実はまったく別のことをやっています。

 

――そして今後は、FLEXともコラボレーションをしていきたいと。

長尾:
杉町さんから話を聞き、私も良いコラボレーションだと感じています。
新築を購入される方の中にも耳納杉などの天然木に興味がある方もおられるでしょうし、他にも「新築で問い合わせたけれど、話を聞いていくうちに、実家のリノベーションもいいのではと考えるようになった」という方がおられるとも聞いています。

そういう方に向けて、通常のリノベーションとはひと味違う、天然木を使ったリノベーションを提案できれば、より家づくりが楽しくなりますよね。
それに実家などの愛着のある家が持つ価値も、そのご家族にとってさらに高いものになるのではないかと思うんです。

 

――たしかに今、空き家も社会問題のひとつになっていますね。

長尾:
間接的にかもしれませんが、空き家問題にも貢献できるのがリノベーションの良さのひとつだと言えるでしょう。
また里山活動や古民家再生も手掛けています。古民家再生は「実家をリノベーションして新しい価値を生み出す」という形を、まさに実現できているのではないかと思っています。

 

――では、数あるリノベーションの中から、どうしてお客様はDOOPを選ばれるのだと感じておられますか?

長尾:
やはり天然木、中でも福岡県産という点に価値を見出しておられる方が多いように感じます。
先日契約された方も、ありがたいことに「地元に耳納杉があって、それが忘れられなくてDOOPを探しあてました」とおっしゃっていました。

 

――価値観がDOOPと合致する方が多いのですね。とはいえDOOPのリノベーションは「あらゆるところが天然木」という印象ではないですね。

長尾:
その塩梅を見極めるのが、DOOPの大きな特徴のひとつだと言えるかもしれませんね。
天然木はたしかに魅力的で、体にも優しいという研究結果もあるようです。私も天然木を使った空間にいるとすごく落ち着きますし、DOOPの事務所に来るだけでも楽しいという方も多いようでうれしく感じています。

ただ、天然木ばかりを使う、というつもりではあまりありません。
理由として、まずは予算があります。特に新築住宅ですべてを天然木にするとなると、かなりの金額になってしまいます。
一方DOOPでは、「床は無垢材を使用する」という点はかなり大事にしていますが、それ以外はけっこう自由なんです。

 

――DOOPの事務所や施工事例でもあえてコンクリートが見える部分などがあり、メリハリがあるのがわかりますよね。

長尾:
天然木はたしかに素敵ですが、ありすぎると逆に圧迫感があると感じる方もおられます。
DOOPが手掛ける場合、適度に天然木ではない部分も用いるようにしてメリハリをつけ、結果的に予算もある程度抑えられるようになっています。

 

――では、天然木以外にはどんな素材を使うのでしょうか?

長尾:
消防法で準不燃材料を使用するようになど決まりごとがありますが、珪藻土(けいそうど)や漆喰(しっくい)などを壁に用いるのも、味があって良いですよ。
ただこちらもすべての壁をそうするわけではなく、たとえばたとえばキッチンだけ、寝室だけ、玄関だけなど部分的に取り入れるのも内装としても効果的ですし、金額も60〜70万円ほどの追加に抑えられます。

 

――お話を聞いていると、お客様の意見を反映させたいという意識が強いように感じます。

長尾:
そうかもしれません。お客様がもっとも気になるのは予算でしょうから、予算をおうかがいできればその中でおおまかなプランを立て、そこから具体的に「ここには珪藻土を使いたい」などのご意見のバランスを見ていきます。

予算先行ではない場合でも、一旦私たちが大まかなプランと予算を提示します。そうすると、お客様もリノベーションの全体像がイメージがしやすくなるようで、たくさんご意見をいただけるようになるんです。

 

――リノベーションのやり方などを教えてもらいつつ、ディスカッションしながら決めていけるのは、お客様も安心ですし、楽しい時間になりますよね。

長尾:
「木の雰囲気が好き」「福岡県産の天然木に興味がある」「普通のリノベーションじゃなくて、もっと価値のあるリノベーションをやりたい!」という方はぜひ、私たちDOOP、もしくはFLEXを通じてでも構いませんので、一度お問い合わせくださると嬉しいですね。

***

次回はDOOPが手掛けた事例の中から、特に人気の事例をご紹介します。
また木工所の社長が語る、国産の天然木への深い愛情や健康への考えなどをまとめた動画がありますので、ぜひご覧ください!

 

◆気兼ねなく内見を楽しめる「無人内見」を「FLEXタウン桜台駅」でも実施します!

  

そして冒頭でもお伝えしたように、「桜台駅」でも無人内見を実施します!
無人内見の詳しい申込み手順や物件などについては、こちらの特設サイトからご確認くださいませ。

▶無人内見特設サイトはこちらから
https://shoei-flex.com/mujin/

保育園がすぐ近くにあり、お子さんの教育環境としてもおすすめできる「FLEXタウン桜台駅」。
ぜひご家族そろって足をお運びくださいませ!

またFLEXでは「予約申し込み制度」を導入しています。
気になる住宅がある場合は、予約制度を活用し、購入までじっくり検討されるのもおすすめです!

無人内見や予約申し込み制度などについてのお問い合わせは、お電話、メール、LINE、InstagramのDMなどからもお待ちしております!
ぜひお気軽にお問い合わせくださいね◎

 

▶好評分譲中!FLEXの分譲地
FLEXタウン野芥(福岡市早良区):https://shoei-flex.com/pj/noke/
FLEX久山(久山町):https://shoei-flex.com/pj/hisayama/
FLEXタウン桜台(筑紫野市):https://shoei-flex.com/pj/sakuradaieki/
FLEXタウン酒殿駅東(糟屋郡):Coming Soon…

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。
 
FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。
 
さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/


   
 
\はじめての方にはコチラの記事が人気!/
手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ
分譲地って安心なんです!そのワケとは?
建売を買うならココを見て!~間取り編~
 
◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m


  
Instagramでも情報更新してます!

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

“現状の家の課題点”をしっかり棚卸しして、家づくりをもっと明確にしよう

“現状の家の課題点”をしっかり棚卸しして、家づくりをもっと明確にしよう

「いま住んでる家の課題点」を見つけることが、家づくりを考える「土台」になる

「いま住んでる家の課題点」を見つけることが、家づくりを考える「土台」になる

2024年。「FLEXタウン酒殿駅東」が始まります!

2024年。「FLEXタウン酒殿駅東」が始まります!

木を使うことは林業の活性化、そしてSDGsにつながる

木を使うことは林業の活性化、そしてSDGsにつながる

このページの上部へ