BLOG
スタッフブログ

お客様の「これ、新しい家には要らなかったかも…」なものを紹介します。

「ほしいと思って採用したもの。でも、実際に生活してみると、予想以上に……」

こんにちは! FLEXの広報担当です。
前回の「間取りマイスターが考える『やっちゃだめな間取り』とは?」の記事では、見た目にとらわれすぎず、実用性を重視した間取りを考えることが大切だとお伝えしました。

そこで今回は、お客様に緊急アンケートを実施!
「取り入れてはみたものの、結局は要らなかったかも……」な部分を、率直に教えていただきました。
ぜひ皆さんも、間取りを考えるときの参考にしてみてくださいね……!


◆間取りの後悔ポイント1「シューズクロークの棚の枚数」

「家族も多いので、靴を効率よく収納できるように、玄関にシューズクロークを作りました。
可動式にして棚板を多く準備してもらって、自分たちでのちのちカスタマイズできるようにしてもらったんです。

でも蓋を開けてみれば、こんなに多くの棚板は使わなくて……。
置き場に困ったので、FLEXさんに「回収してもらえませんか?」とお願いしました。」

前回の記事でもご紹介した、シューズクロークの棚板についてのご意見です。
使いやすさを考えて多くの棚板を準備したのですが、枚数が余ってしまったようでした。

棚板は回収したのですが、捨ててしまうのはやはりもったいないですよね。
なので間取りを考えるときに、「ここまで必要かどうか」と、お客様といっしょにもっと突き詰めて考えると良かったかもしれません……。


◆間取りの後悔ポイント2「壁紙(クロス)と南側の窓」

「リビングに置くテレビの背面の壁を、かっこいい、アクセントになるものにしたい! と考えていました。
でもそうすると、リビングの掃き出し窓(窓の下部分が床まである引き違い窓のこと)を通常よりも小さくしなければならなくなるとのこと。

話し合いのときは「それでもいい!」と納得したんですが、実際に生活をしてみると採光が予想以上にとれなくて、リビング全体が暗い印象になってしまっています。

壁紙(クロス)は張り替えれば変更できるけど、窓の大きさは変更できないので、もうちょっと考えるべきだったなと反省しています。」

「おしゃれな空間にしたい」というお客様の強い要望があって、テレビの後ろの壁紙と窓をデザインしました。
FLEXとしても採光が取れにくいと予想できたので、他の間取りでできる限り調節したのですが、南側の一番日当たりがいい場所だったこともあって、余計に暗く感じるのかもしれません。

 
◆間取りの後悔ポイント3「玄関スペースをもっと……」

「すでに玄関にたくさんのシューズクロークがある家に住んでいるのですが、実際にそこまで使わないな、というのは実感していて……。
なので、玄関なら、上着をかけるワードローブを作るのもいいかもしれないと思っていました。

でもFLEXの間取りマイスターの皆さんと話し、自分でもよくよく考えてみると、靴じゃなくてバッグなどの荷物を置く場所がほしかったんだ! と気づきました。
とくにいまはウィズコロナの時代。仕事や買い物帰りの荷物をそのまま部屋に持っていくのにも、ちょっと抵抗があります。

自転車やベビーカーなどはすぐに思いつきますが、生活の中にある“ちょっとした不便さ”を解消するためにはどんなものが必要なのかなども、こちらなりに考えておくべきだったかもしれませんね。」

靴やバッグの他にも、「趣味のフィギュアを玄関に飾りたい」と考えている方もおられます。なので、打ち合わせ時には趣味などもお尋ねして、間取りに反映できるようにしています。

このように、「今の住居で不便に感じていることをを戸建てでは解消したい!」という声も多いのです。だからこそFLEXでは、お客様の「新しくやりたいこと」だけではなく、「いま解決したいことを深堀りする」ことも重要視しながら打ち合わせを行っています。

先を読んだ間取りを考え、「間取りの後悔」をつくらない

実際の声を見ると、前回の記事で聞いた「実用性を考える」が理解しやすいかもしれませんね。

お客様の希望が第一ですから、要望があればもちろんそのとおりの図面も作ります。 しかし同時に、「本当にその要望を入れて生活しやすくなるのか」と、一度立ち止まって考えるんです。要望を入れることでうまくいかないと予想ができる場合は、さらに代案も用意しています。 ・デザイン性だけに特化して、実用性に欠ける ・他の提案のほうが、お客様が希望される“コスパの良さ”を再現できることがある などが、代案を立てる理由です。 要望どおりの間取りを見せたらさらに改善点が出て、「いったん持ち帰りますね」と次回に持越しになる――なんてことは、FLEXの間取りマイスターではあり得ません。 前述した「考えられること・予想できること」を踏まえ、お客様の優先事項とバランスのとれた案を、先手を打って考えておくことが大事なんですよ。 あと、できればお客様も、自分たちが出した要望が本当に必要なのか、間取りに影響がないのかなども、ある程度考えてみてくださるといいと思います。 そうすれば、こちらの提案に対しても、いいか悪いか、すぐに判断できると思いますし。

打ち合わせもスムーズになりますよね。

とくに窓などは、家を建ててしまうと簡単に変更できません。 もしどうしても変更したいとなると、リフォームをするくらいしか、方法がもうありませんから……。

そうなると余計に費用も、時間もかかってしまいますね……

壁紙(クロス)ならば、本当に変えたいと思えば、張り替えで対応できます。それでも費用はかかってしまうので、避けたいところではありますが……。 だからこそ、打ち合わせ時に「本当に必要かどうか」を突き詰めて考える必要があるんです。

***


……と、今回は実際の失敗例と、それに対する間取りマイスターである兒玉(こだま)の対策についてご紹介しました。いかがでしたか?

「やりたいこと」と「実用性」を両立させるのは、本当に難しいですね。
でもそこを、お客様目線・間取りのプロ目線の両方でとことん突き詰めて考えるのが、FLEXの間取りマイスターの力です。
ぜひ納得いくまで、間取りマイスターに相談をしてみてください。きっと満足できる家のカタチが見えてくるはずですよ♪

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。

FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。

さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/


\はじめての方にはコチラの記事が人気!/
手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ
分譲地って安心なんです!そのワケとは?
建売を買うならココを見て!~間取り編~

◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m

Instagramでも情報更新してます!



■━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥
予算も間取りも叶える
理想のデザイン分譲住宅
『 FLEX -フレックス- 』 by 照栄建設

照栄建設株式会社
〒811-1393福岡市南区向新町2丁目5番16号
Tel:092-564-1137
◯ホームページはコチラ
 https://shoei-flex.com/
◯Instagramはコチラ
 https://www.instagram.com/shoeiflex/
 
 ‥‥‥・・・・・━━━━━━━━━━━━■

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

完成間近! FLEXタウン春日、建売最終は1棟です

完成間近! FLEXタウン春日、建売最終は1棟です

住宅に欠かせない「外構」もサポート

住宅に欠かせない「外構」もサポート

FLEX原の建売住宅が、ついに完成しました!

FLEX原の建売住宅が、ついに完成しました!

施主検査の前に行われる「社内竣工検査」とは?

施主検査の前に行われる「社内竣工検査」とは?

このページの上部へ