BLOG
スタッフブログ

FLEXの建売住宅でできる“カスタマイズ”とは?

「FLEXの建売住宅の醍醐味は、間取りマイスターがプロの目でつくった“間取り”と、お客さまの“センス”の融合」

こんにちは! FLEXの広報担当です。

間取りマイスターが自信を持っておすすめする、FLEXの建売住宅。FLEX原、FLEXタウン春日など、現在販売されている分譲地でも、建設真っただ中です!

そこで今回は、FLEXの建売住宅でできるカスタマイズについて、あらためてお伝えしたいと思います。

どんなところがカスタマイズできるのでしょうか。そしてカスタマイズを通じてお客さまご家族にも変化があるようですが、それは一体……

◆建売住宅でできるカスタマイズは、さまざまな「色変え」

―注文住宅はフルオーダー。一方で建売住宅は、以前もお聞きしましたが、間取りマイスターの皆さんが間取りなどを決めておられますね。

はい。建売住宅はセミオーダーに近いかと思います。

間取りは、「普通の“建売住宅”とはひと味もふた味も違う、“FLEXだからつくれる建売住宅”とは?」の記事でもお伝えしたように、私たち間取りマイスターが周辺環境やそのときの流行などを取り入れてつくった、自信を持って提供するものです。

なので、間取りは変更できません。まあ……建売住宅だから当然なんですが(苦笑)。

―では、建売住宅でできるカスタマイズとなると……?

大まかに言えば「色の変更」です。なので注文住宅と比較すると、セミオーダーに近いかと思います。

まずは外壁。ワンカラーでまとめることもできますが、ツートンカラーやストライプなどで個性を出すお客さまも多いですね。 外観は家の第一印象にも関わるので、選択にはけっこう時間がかかりますし、センスも問われる大切な部分です。

つぎはキッチン・洗面台(脱衣場)・トイレ・お風呂などの水回り。
クロス(壁紙)をどう統一するか、もしくはキャラクターものを使うかなど、こちらも個性やセンス、好みによります。

キャラクターものの柄は、オシャレにキャラクターが散りばめてあるととても可愛いんですが、「実際にトイレの壁一面にあると、来客があるときにびっくりされるかも……」という声も聞くので、ここも要注意ポイントかもしれません。

柄物・キャラクターものなどの細かい柄のクロスは、1階の食品庫や2階のトイレなど、ご家族がひっそり楽しむ場所に貼るくらいがいいかもしれないですね。
キッチンの背面にあるカップボードの色も選べますよ。

―お風呂だと、タイルとか……?

はい。浴槽の色も変えられるので、壁・床・浴槽のバランスがけっこう大事です。そして、これもなにげに難しいんですよ。ご夫婦で好みが違うので、しばらく問答になったり(苦笑)。

また、イメージとの相違もありますね。「黒やグレーでシックな雰囲気にしたい」と考えていても、カタログなどを参考に色合わせをしてみると「やっぱりお風呂は清潔感のある明るいホワイト系で!」と一気に変わることも多いです。

―兒玉さん、いまさらっと言いましたが……ご夫婦で意見が食い違うことも、やはりあるんですね。

ありますよ、みなさん好みはそれぞれですから。でもそこは、お客さまが「自分の家について考えるチャンス」とも言えるんです。

◆色決めは「住宅に求めるもの」を、ご家族であらためて考えてもらうきっかけにもなる

チャンスとはどういうことですか?

「いま住んでいる賃貸の浴室がホワイト系でつまらないから、ブラック系にしたいよね」と予定していても、話し合う中で「でもブラック系だったら水垢が目立つんじゃない?」という気づきが出てきたりするんです。

―車と同じですね。話し合うことでお客さまのご希望と、現実をすり合わせていくというか……。

実際に当てはめた後に家全体を俯瞰で見ると、それぞれの部屋のインテリアのテーマが異なってそこだけ色や柄が浮いたり、家全体が落ち着きのない雰囲気になってしまうこともあります。

そこをトータルコーディネートできるように導いていくのも、間取りマイスターの役割。ですがまずは、お客さまが「どんな家にしたいか」というテーマを決めることからスタートすることをおすすめします。

テーマ決めで活躍するのが、インスタやPinterestです。ぜひこれらのSNSを参考にされると良いと思います。
壁紙メーカーのカタログではインテリアテーマごとに壁紙をまとめていることも多いので、ナチュラル系・北欧系・モード系・インダストリアル系など、テーマを決めておくと、同じテイストの壁紙から選べますし、全体的な統一感も生まれます。

―気に入った靴を買っても、持っている服と合わないと履きづらいみたいな……。そう考えると、第三者的な目線、しかもプロの目線でのアドバイスって本当に重要ですね。ちなみに色決めをする順番はあるんですか?

とくに決まってないです。色決めをしていく過程で「プランシート」というものが出来上がります。設備の仕様書みたいなものですね。そちらを元に、その他の色決めを進めていきます。

―家の仕様書を見ながら、「ここはどういう色がいいか?」「ここはこういう柄のクロスで」と決めていくわけですね。

他には床材・建具・扉などの内装の色も選べます。ただこちらはいくつかパターンというか、“FLEXの建売住宅としての標準仕様”があるので、その中から決めてもらうことになります。

―内装はパターンがあるんですね。お客さまが考えるときの参考になるものはあるんですか?

こちらもPinterest、インスタなどが良いと思いますよ。イメージに近いものをストックしておいてもらえれば、それに近いものをご提案できます。

―床材は、建売住宅だと突板(つきいた)ですよね。

突板(天然木を薄くスライスした板+合板)ですね。

よく比較される無垢材は、突板よりも手触り、足触りがいいですし、さらに犬や猫の肉球にも優しいそうです。金額は突板よりもだいぶ高価になりますが、手入れも突板と大きく違いません。

しかし、床材にもこだわりたいとなると、注文住宅でないと対応できません。そこも柔軟にご提案していきますし、お客さまの意見が脱線してきたら間取りマイスターがさりげなく軌道修正をしますので、むしろ活発に議論してほしいと思います。

―「できること・できないこと」が、注文住宅と建売住宅で明確に分かれているし、話し合いでは間取りマイスターが適切に軌道修正してくれるんですね……。

建売住宅は、忙しいお客さま、また「考えることが多すぎて困ってしまう」というお客さまの肩代わりを、間取りマイスターが行うと考えてください。
だから、お客さまが考えることや、考える時間自体も減らせます。また住宅の仕様なども間取りマイスターが厳しい目で考えているので、レベルの高い家になることは間違いありません。

―その分、自分の意見を反映する部分は限られる、ということですね。

注文住宅と建売住宅、どちらが優れているというわけではなく、お客さまの考え方や価値観、忙しさなどに合わせて、ご自分とご家族に合う方を選んでいただければ良いと思います。
いずれにせよ、間取りマイスターが全力でバックアップ・アドバイスするのは変わりませんからね。

―ときにはお客さまご家族内のディスカッションを促しながら、ですね。

FLEXの建売住宅の間取りは、たしかに間取りマイスターが決めたものです。
でも、どうアレンジするかはお客さま次第。そうしていくと間取りも自然と、より真剣にチェックするようになる方も多いです。

―間取りマイスター任せではなく、「自分ごと」として考えてくださるんですね!

ご自分とご家族がこれから住む家ですから、当事者意識は重要ですよね。それに積極的になることで、建売住宅でも注文住宅と同じように、「家を建てる醍醐味」を感じられるようになると思いますよ。

―「FLEXの建売住宅のカスタマイズは色決めのみ」とはいえ、やはり家づくりは奥が深いですね。

注文住宅にするか建売住宅にするかで迷っている方も、まずは間取りマイスターに「何をしたいか」「どこまでこだわりたいか」を相談してくださるといいなと思っています。
設備にしても、実用性を重視するか、デザインを重視するかで適切な企業さんも変わります。

―以前の記事では、クロスやカーテンなどの内装を幅広く取り扱うサンゲツさんにも相談に行かれましたよね

壁紙・カーテン・床材などを取り扱う「サンゲツ福岡ショールーム」で、プロのアドバイスを受けてきました!「壁紙・カーテン・床材 」記事参考)

そういうことも日々勉強しているのが間取りマイスターです。
それこそ毎回言っていますが、最初のご相談からローンのご相談まで、ずーっとお客さまに並走していますから。本当に何でもご相談いただければうれしいですね。

▶「お客さまの声」一覧はこちら

https://shoei-flex.com/voice/

▶FLEXの「間取り」の実力がわかる記事はこちら

・FLEX タウン春日の“実際の間取り”、公開します! 

・FLEXタウン春日、2号地・3号地の間取りを紹介します! 

・普通の“建売住宅”とはひと味もふた味も違う、“FLEXだからつくれる建売住宅”とは? 

・家づくりの優先順位は「立地」? それとも「間取り?」 

▶「家づくりノウハウ」の記事一覧はこちら

https://shoei-flex.com/blog/knowhow/

▶好評分譲中!FLEXタウン春日・原の特設ページ

FLEXタウン春日:https://shoei-flex.com/pj/kasuga/

FLEX原:https://shoei-flex.com/pj/hara/

▶お問い合わせフォームはこちら

https://shoei-flex.com/contact.html

▶お急ぎの方はお電話でもどうぞ!

TEL:0925641137

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。

FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。

さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/

\はじめての方にはコチラの記事が人気!/

手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ

分譲地って安心なんです!そのワケとは?

建売を買うならココを見て!〜間取り編〜

◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m

Instagramでも情報更新してます!

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

創立50周年を迎えました

創立50周年を迎えました

FLEXの建売住宅で、注文住宅を疑似体験してみよう

FLEXの建売住宅で、注文住宅を疑似体験してみよう

FLEX原の建売住宅の、外観などができあがってきました!

FLEX原の建売住宅の、外観などができあがってきました!

“夏にも強いFLEXの住宅”のポイントを、間取りマイスターが解説

“夏にも強いFLEXの住宅”のポイントを、間取りマイスターが解説

このページの上部へ