BLOG
スタッフブログ

寒い冬を乗り切るための「家でできる工夫」とは?

「電気代・暖房代の節約にもつながる“断熱材”を取り入れたFLEXの住宅。標準装備なので予算の面でも安心です」

 

こんにちは! FLEXの広報担当です。

寒い毎日がつづきますね。皆さんも節電・節約しながら寒い中をお過ごしかと思います。
今回は家づくりにおける「寒さ対策」について、あらためて間取りマイスターの兒玉(こだま)に教えてもらいました。


◆住宅の断熱・遮熱・気密性を高めると、外気が入りにくく、室内の暖かさが逃げにくい

 

――基本的な質問ですが、温めた家の中が冬場に寒くなる理由は何でしょうか?

いくつか原因が考えられますが、

・冷気が窓の隙間から入ってくる

・壁の厚みが十分ではないため気密性が弱く、室内の熱が外に逃げてしまう

とくにこの2つは大きいと思います。

――たしかにそうですね! ではFLEXの住宅でそれらの対策として取り組んでいることは何でしょうか?

2つ目の「壁の厚みがなくて気密性が弱く、室内の熱が外に逃げてしまう」については、断熱材や家の工法でカバーできることもあります。

なので、遮熱・断熱効果のある材料を使用しているかどうか。これは大きなチェックポイントになりますよ。

FLEXでは、すべての住宅の外壁・屋根に、遮熱シート「タイベック®シルバー」を採用しています。

以前の『「遮熱」と「断熱」の違いとは? FLEXの「タイベック®シルバー」は冬も活躍します!』の記事でも紹介したように、低い赤外線放射率により室内からの熱の放射を抑え、魔法瓶のような効果を発揮。そのため1年を通して快適な空間を実現します。

さらに、「2×4(ツーバイフォー)モノコック工法」も採用しています。 厚板製材の断面サイズが2インチ×4インチのツーバイフォー工法は、地震などの外からの力に対し、骨組みではなく“面”で支えます。耐震性に優れ、さらに火災にも強いのが特長です。

断熱性の低い構造材である鉄骨やコンクリートは、冬の寒さや夏の暑さを室内に伝えてしまいます。

しかし、このツーバイフォー工法でつくられた住宅であれば、旧来の木造住宅のように床下から冷気が入り込むことも少なく、鉄骨住宅のように鉄骨を通じて外気の冷たさが室内に伝わることもないため、断熱性と気密性を兼ね備えているということになります。

そうして建てられた建物全体を先ほどの断熱シート「タイベック®シルバー」ですっぽりと覆うので、断熱効果がいっそう高まるんです。

――断熱・遮熱・気密性の高い素材を使い、冷気が入りにくいように工夫されているから、冬でも過ごしやすい家になるんですね!

もちろん家の中でできる工夫もありますよね。つぎの項目で見てみましょう!

◆自分でできる「冬の寒さ対策」

寒さ対策はネットで調べたらいろいろ出てきますし、ディスカウントストアやコンビニでもさまざまな商品が販売されていますよね。

身につけるものとしては、ネックウォーマー、レッグウォーマー、アームウォーマー、ひざ掛け、ルームシューズやスリッパなどが活躍しますね。 さらに床に厚手のカーペットやラグを敷くと、床から入る冷気を和らげてくれます。

 そして前述した「冷気が窓の隙間から入ってくる」ことへの対策としては、窓に断熱シートや隙間防止シートを貼る、厚手のカーテンを使うのがおすすめです。

――ネックウォーマーなどの服装と窓の対策は、かなり浸透していますよね。私もしっかり使用しています。

服装や窓などの対策はいくつでも考えられますし、グッズも今は手軽に購入できるので対策しやすいですよね。

だから家づくりの段階で考えておくべきなのは、「断熱・遮熱・気密性を上げる」こと。 これらは内部構造になるので、建てたあとでは変更できませんから、住宅会社から情報を得てお客さまもしっかりと考えることが大切です。 とはいえ、予算が気になるという方もおられるでしょう。

 FLEXでは予算内でできることを幾通りも提案しますし、そもそも「」タイベック®シルバーと「ツーバイフォー工法」は標準装備です。 費用を抑えながら快適な住まいになるようにお客さまと一緒に考えていきますので、遠慮なく、私たち間取りマイスターにご相談いただければと思います。

◆ひとりでゆっくり、会社帰りなどに行ける建売住宅の「無人内見」も引き続き実施中です

FLEXでは昨年より、現地にスタッフがいない状態でも内見が可能な「無人内見」を取り入れています。

「まずはひとりでゆっくり、自分のペースで見てみたい」
「現地に行って、いきなりスタッフさんと話すのは気が引ける」
「スタッフさんの前だと、家族同士の率直な感想が言いづらい……」
「1回の内見じゃわからないことがあったからもう1回行きたいけど、再度内見を申し込んだら本決まりだと勘違いされそう……」
「会社帰りの遅い時間にも行ければ……」

 

そんな方にピッタリな内見の方法です!

 

▶お客さまのペースで内見ができる「無人内見」を採用しています!
https://shoei-flex.com/blog/aboutus/2022/12/post-92.html

▶無人内見システムを実際にスタッフが使ってみました!(動画)
https://youtu.be/eW3Hd8iVrns

▶ルームツアーなどを掲載したFLEXのYouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/@user-vd5xz5mm8y/videos

無人内見についての詳しい内容、注意点などは当社にお問い合わせいただければ丁寧にお伝えしますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

ほかにも家づくりに役立つ記事がたくさんあるので、ぜひ目を通してみてくださいね!

▶FLEXの建売住宅で、注文住宅を疑似体験してみよう
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/08/flex-42.html

▶ローンなど、相談ごとはすべて、間取りマイスターまでどうぞ!
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/05/post-80.html

▶「家づくりで後悔したくない…」迷ったら、どうすればいいですか?
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/03/post-76.html

▶FLEXのアフターメンテナンス、ココがイイ!
https://shoei-flex.com/blog/aboutus/2021/06/flex-22.html

▶施主検査の前に行われる「社内竣工検査」とは?
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/09/post-86.html

▶壁紙(クロス)決めは、家のイメージを印象づける大切な部分
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/08/post-84.html

▶「家づくりノウハウ」の記事一覧はこちら
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/

▶FLEXの「間取り」の実力がわかる記事はこちら
FLEXタウン春日の“実際の間取り”、公開します!
FLEXタウン春日、2号地・3号地の間取りを紹介します!
普通の“建売住宅”とはひと味もふた味も違う、“FLEXだからつくれる建売住宅”とは?
家づくりの優先順位は「立地」? それとも「間取り?」

▶好評分譲中!FLEXタウン春日・原の特設ページ
FLEXタウン春日:https://shoei-flex.com/pj/kasuga/
FLEX原:https://shoei-flex.com/pj/hara/

▶お問い合わせフォームはこちら
https://shoei-flex.com/contact.html

▶お急ぎの方はお電話でもどうぞ!
TEL:0925641137

▶「お客さまの声」一覧はこちら
https://shoei-flex.com/voice/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。
 
FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。
 
さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\今なら、FLEXの建物を内覧できます!/


 

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/


  
\はじめての方にはコチラの記事が人気!/
手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ
分譲地って安心なんです!そのワケとは?
建売を買うならココを見て!~間取り編~
 
◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m

 
Instagramでも情報更新してます!

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

「FLEXタウン酒殿駅東」の建売住宅1号地を紹介

「FLEXタウン酒殿駅東」の建売住宅1号地を紹介

間取りマイスターに聞きました!個性あふれる建売ができるまで

間取りマイスターに聞きました!個性あふれる建売ができるまで

住宅のプロはココを見る!無人内見でチェックすべきポイントを紹介

住宅のプロはココを見る!無人内見でチェックすべきポイントを紹介

「FLEXタウン酒殿駅東」DOOPの床板サンプルが届きました!

「FLEXタウン酒殿駅東」DOOPの床板サンプルが届きました!

このページの上部へ