BLOG
スタッフブログ

間取りの工夫で日当たりを確保。注文住宅ではなく建売住宅を選んだ事例を紹介

「高いデザイン性と日当たりの良さを実現した快適な住まい。だから建売住宅を選びました」

 

こんにちは! FLEXの広報担当です。

FLEXでは間取りマイスターが企画から建設まで一貫して携わり、スタッフが「自分が住みたい」という観点からつくる建売住宅、そしてお客さまの要望を形にする注文住宅、どちらにも対応しています。

今回は、建売住宅を購入されたお客さまの事例をご紹介します。
このお客さまは当初、注文住宅を検討されていました。しかし、購入されたのは建売住宅。
なぜ、注文住宅ではなく建売住宅を購入されたのでしょうか?
担当した間取りマイスターの兒玉(こだま)に話を聞きました。

 

悩みやニーズに応じた提案をするから、建売住宅・注文住宅を問わず、お客さまに選ばれている

 

――最近、建売住宅を購入された方がおられますが、当初は注文住宅を検討されていたそうですね。どうして変更されたんでしょうか?

兒玉:
お客さまの課題やこだわりポイントを聞いていると、日当たりを気にしておられるとわかりました。 注文住宅ならば日当たりの良い間取りができるのでは、とお考えだったようです。

一般的に「日当たり」というと、窓から入ってくる「直射日光」の陽の光を想像しますよね。 しかし私たち住宅のプロは、直射日光だけではなく、入ってくる光が部屋の全体にどう作用するのか、それによって部屋全体の明るさがどうなるのかを含めて「日当たり」を考えます

それに、直射日光も良し悪しなんです。
たとえば木材を使用した家具や床材は、直射日光を長期間浴びると、劣化が早くなることも考えられますよね。

そしてこの考えは、注文住宅だけではなく、間取りマイスターがすべてをプロデュースする建売住宅でも同様です。

――そういう間取りの工夫や懸念点を踏まえてお話しをしたら、注文住宅から建売住宅にシフトしていった……?

兒玉:
そうなんです。建売住宅に誘導したのではなく、事実をお話ししていくだけなんですよね。 そうやって事実を「家づくりの情報」としてお伝えしていくうちに、お客さまが気にしておられる「日当たり」は、立地や間取りなどをしっかり加味してつくるFLEXの建売住宅でも十分に叶えられている、とわかりました。

そしてそのお客さまが検討されていた分譲地には、注文住宅のほかに、私が間取りなどを担当した建売住宅がありました。
そのデザイン性や性能、日当たりなどを考えても、お客さまが当初希望されていた注文住宅と比べても、まったく遜色ないと判断されたんです。

吹き抜けがあることで日当たりが十分に確保でき、そこを気に入ってくださったこと、金額的にも注文住宅より400万円ほど安くなること、そして「こどもみらい住宅支援事業」の補助金が下りる条件が揃っていたこともあり、お客さまも納得の上で建売住宅を選ばれました。

▲吹き抜けを取り入れ、十分な日当たりを確保したリビングの例

 

――「住宅の悩みは何か」「家づくりで重要視したいのは何か」をしっかりと紐解いていくと、注文住宅・建売住宅という形態にこだわる必要がなくなるというケースもあるんですね。

兒玉:
あくまで一例ではありますが、そういうことですね。

もちろん、私たちとしてはお客さまの希望が第一なので、建売住宅を押し売りすることは決してありません。
ただ、お話を聞いているうちに、「もしかしたら建売住宅のほうが、このご家族に合うのでは?」と考えれば、提案をします。
お客さまに適切に情報提供を行うことを、当社ではとても大切にしていますから。

あとは住宅に採用している電動シャッターを実際に触ってもらい、使い心地などを実感していただいたのも、決め手のひとつになったかもしれませんね。

――実際に触れる機会があるのはいいですよね。そこも建売住宅ならではです。

兒玉:
そうなんです。実際の住宅なので、生活イメージがつきやすいですからね。

今回の件は、お客さまの課題に応えられる建売住宅が同じ分譲地にあったというタイミング的な要因も、もちろんあると思います。
同じ分譲地にあるからこそ、お客さまも建売住宅の良さ、注文住宅の良さ、それぞれを比較した上で、「自分の家族には建売住宅が合う」と判断してくださったのだと思います。

その上で、お客さまが納得の上で、ご自分・ご家族の意思で選ばれた、ということですから、お互いにすごくいい出会いだったのではないかと感じていますよ。

――そういうふうに、注文住宅から建売住宅に変わる人がいるという事例があるのも、お客さまの情報として重要ですよね。注文住宅で相談し始めたとしても、絶対に注文住宅で建てなければいけないというわけではない、ということですから。

兒玉:
その通りです。今回の事例は、お客さまのニーズに、FLEXの建売住宅の良さが合致したのでしょう。
「『お客さまと接するときに心がけていることは?』間取りマイスターに改めて質問してみました!」の記事でもお話ししたように、お医者さんのように何に悩んでいるのかに耳を傾けながら適切にアドバイスしていくのが、私たち間取りマイスターです。

「建売住宅だからデザイン性を諦める」という考えはFLEXには当てはまりませんし、快適に過ごす工夫はどの住宅でも同じように取り入れるのが、FLEXの強みです。
ぜひいろんなお話をしながら、ご家族にぴったりな形を探していきましょう!

▶FLEXのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@user-vd5xz5mm8y/videos

▶間取りマイスター:児玉(こだま)紹介記事
https://shoei-flex.com/blog/aboutus/2021/11/flex-28.html

▶「お客さまと接するときに心がけていることは?」間取りマイスターに改めて質問してみました!
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/11/post-90.html

▶ローンなど、相談ごとはすべて、間取りマイスターまでどうぞ!
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/05/post-80.html

▶「家づくりで後悔したくない…」迷ったら、どうすればいいですか?
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/03/post-76.html

▶施主検査の前に行われる「社内竣工検査」とは?
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/09/post-86.html

▶住宅に欠かせない「外構」もサポート
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/2022/09/post-87.html

▶FLEX(照栄建設)が選ばれる理由
・家をつくる責任を、まっとうすること。
https://shoei-flex.com/reason/
・創立50周年を迎えました
https://shoei-flex.com/blog/aboutus/2022/08/50.html

▶FLEXの「間取り」の実力がわかる記事はこちら
「照明」はどう考える? 選び方の注意点も解説
“使いやすい”は“暮らしやすい”につながる! FLEX物件の工夫をご紹介します♪
普通の“建売住宅”とはひと味もふた味も違う、“FLEXだからつくれる建売住宅”とは?
家づくりの優先順位は「立地」? それとも「間取り?」

▶その他の「家づくりノウハウ」の記事一覧はこちら
https://shoei-flex.com/blog/knowhow/

▶好評分譲中!FLEXタウン春日・原の特設ページ
FLEXタウン春日:https://shoei-flex.com/pj/kasuga/
FLEX原:https://shoei-flex.com/pj/hara/

▶お問い合わせフォームはこちら
https://shoei-flex.com/contact.html

▶お急ぎの方はお電話でもどうぞ!
TEL:0925641137

▶「お客さまの声」一覧はこちら
https://shoei-flex.com/voice/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「性能もオシャレも両立した戸建てがいい!」
「共働きだから、時間は限られる…」
そんな福岡市内近郊で暮らす、忙しい日々でも憧れの暮らしを叶えたいアナタへ。
 
FLEX(フレックス)の家なら
◆土地までセットだから、土地探しの手間が省ける!
◆ベースになるモデルハウスがあるから、ゼロから考えるのが苦手な方でも安心!
◆デザインだけじゃない。省エネ&快適な暮らしを実現してくれる性能住宅。
 
さあ、はじめよう。フレックスな暮らし。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

\現在ご案内中の分譲地一覧はコチラ/
  
 
\はじめての方にはコチラの記事が人気!/
手の届く金額で質のいい家を建てられるワケ
分譲地って安心なんです!そのワケとは?
建売を買うならココを見て!~間取り編~
 
◎対応エリア:本社のある福岡市を中心に、車で30分圏内ほど。エリア外のお客様は個別にご相談くださいm(_ _)m
 
Instagramでも情報更新してます!


  

『FLEX』広報担当

家づくりに役立つノウハウやFLEXの魅力を日々発信しています!

関連した記事

福岡市のベッドタウン・久山町に「FLEX久山」が誕生します!

福岡市のベッドタウン・久山町に「FLEX久山」が誕生します!

YouTubeでルームツアー、無人内見を体験してみませんか?

YouTubeでルームツアー、無人内見を体験してみませんか?

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

年末のごあいさつ

年末のごあいさつ

このページの上部へ